独自の流通シシテム

ホーム > 独自の流通システム

独自の流通システム

天候や自然といった環境に大きく左右される天然魚の水揚げ。生鮮品を消費地にスピーディに流通させる仕組みが「市場流通」の仕組みです。
しかしながら、産地市場と消費地市場、2段階の流通過程は様々なコストを生み、産地と消費地での鮮魚商品の価格差となって表れています。

物流、IT技術の進展を背景に弊社では、水揚げされた鮮魚をダイレクトに全国の皆様にお届けする、網元直送のサービスをいち早く開始いたしました。おかげさまで、直送鮮魚や一夜干しは、全国の皆様にご好評をいただいております。
業務用、ご家庭用を問わず、皆様のご要望に応じた鮮魚を、その日の水揚げ鮮魚の中から厳選して、お届けしています。
鮮魚の下調理や、日時指定の宅配等にも可能な限り応じさせていただきます。

当社の流通システムの特徴

当社の流通システムの特徴は、水揚げした鮮魚を皆様の食卓に直接お届けする「網元直送」にあります。従来の流通の仕組みで発生するコスト、そして時間を大幅に省くため、鮮度の良い鮮魚を産地の価格で皆様の食卓にお届けできる仕組みです。
もちろん輸入の冷凍品や中央市場の品揃えと比較すると「安定供給」という面では劣ってしまいますが、天然素材の安全性、鮮度へのこだわりという点では、お客様に最上の価値をご提供できる仕組みです。

網元の3つのこだわり

鮮度へのこだわり

鮮魚はもちろん鮮度が命です。
海幸丸で水揚げされた鮮魚は、船内で一度氷水に浸し、その後サイズごとに出荷用のスチロール箱に並べ替えます。マダイやヒラメ、イシダイといった刺身用の鮮魚は、船上で血抜きを行う沖〆出荷、活魚での販売も行っています。

天然素材へのこだわり

皆様にお届けする鮮魚、加工品はすべて宇和海の天然魚です。
安定した水揚げ、価格や品質を平準化するのが難しい天然魚ですが、季節に応じて、脂の乗りや味の違いが楽しめるのも天然魚の魅力です。
天然魚には天然魚にしかない価値がある、その価値を多くの皆様に知っていただたくことも、私たち漁業者の役割だと思っています。

自社流通へのこだわり

獲るだけの漁業から、獲ったものに付加価値をつけて自ら販売する。弊社では、漁業から一次加工、製品化、販売に至るまで、一貫した流通システムを目指しています。
自社流通に取り組んで20年、網元直送ならではの鮮度と価格は、全国の皆様にご好評をいただいております。

このページの先頭へ